秋に向けて

_20160802_211743

何度か写真を撮り直しているのですが、うまく撮れません(;_;)

それ以外は順調に進んでいます。

秋はすぐそこ。

試し織り

試し織りしたものを試し洗いしています。

新しいことを試してみたのですが、さて吉と出るか凶と出るか。

20160722_173501

体温乱高下~

熱中症か、はたまた年齢的なものかわかりませんが、先週は急にあぶら汗が出てきて体温はかったら34度代だったり、翌日は悪寒がしたと思ったら39度超えだったりして、体温乱高下の何ともしんどい一週間でした。

丸三日寝込んで、後は寝たり起きたり。

いったい何が起こったの⁉

ようやく復活してやっと整経できした。

もう大丈夫です✊

_20160712_175127

雑巾

 

_20160628_105100

使い古しのタオルで雑巾。

だいぶ前に雑巾をテーマにした展示会があって、出品しようと散々考えたけど形に出来なかったことがありました。

あの頃の宿題がやっと出せた気分。

ランチョンマット

_20160623_174418

納期を考えると自分のものを作っている場合ではないのですが(@_@;)、そう言っているといつまでも作れないし、どうしても作りたくて自家用ランチョンマットを織っていました。

自分の生活に自作の布が少ないのは寂しいし、こういう時にいつもと違う素材触っておくのも大事だしね・・・と言い訳いろいろ考えて。後々このツケが回ってくるんだろうなぁ。

今回使ったのは自然栽培(農薬だけでなく肥料も使わない栽培方法)で育てられた木綿の手紡ぎ糸です。キナリと茶綿。精練も染色もなし。ワタそのものの色です。平織りですが糸の入れ方で模様を作っています。

ランチョンマットなのでシミをつけても目立たないような糸使いにしています。使い始めてさっそく醤油やトマトソースを飛ばしましたが、綿の油分が残っているおかげで醤油はシミにならずに拭き取れました。トマトソースは跡が残りましたが、狙い通り目立ちませんでした。よし、なかなか良さそう。

これで気が済んだので本業(=帯!)に戻ります。ピッチ上げないと。

「民藝と暮らす」展

本日(6月5日)まで大阪梅田の阪急百貨店で開催されていた「民藝と暮らす」展。

となりで開催中の「囀(サエズリ)から始めることー石村由起子のエレガンススタイル」と合わせて、この(金)(土)(日)でトーク4件、実演1件に行って来ました。頭も体力も使った(満席立ち見)けど面白かったです。

石村さんの方ではトークのテーマが”生活工芸”だったりして、”民藝”とある意味近かったり遠かったりする内容でしたので、比較しながら聞くことができました。あっちで「ふんふん…」と聞いて、こっちで「そっかー。そうだよね、やっぱり…」と思ったり。で、あの人とこの人が対談してくれたら面白いんだけど…。

_20160605_151209

今日行われた「工藝風向」の高木崇雄さんのトークは、45分間で「民藝」の全体像が掴めるように分かりやすく凝縮してくださっていて特に面白かったです。でも話についていくのに必死で頭フル回転でした。本書いてくれないかな~。

 

軽野裕子 諸紙布展

20160530_100805

昨日は楽しみにしていた軽野裕子さんの諸紙布展に行ってきました。

(こちらの展覧会は本日5月30日まで、奈良市の志賀直哉旧居にて開催中です。)

軽野さんとは以前、私が母校(川島テキスタイルスクール)で仕事をさせて頂いていた時に初めてお会いしました。スクールで開催される講座に講師としていらしていたのですが、私が学生だった頃(=その2,3年前)には残念ながらその講座がなく、私自身は紙布の講座を受けておらず・・・。今回初めて軽野さんの作品(実物)を拝見した次第です。

で、やっぱりすごかった。本では拝見していましたが、やっぱりすごい。

「え?これ紙?!」という細さと繊細さで、こんなに薄い和紙からこんなに繊細な糸ができるんだということも驚きでしたが、一番驚いたのはこんなに繊細なものを積み重ねてできたものの存在がとても「強い」ということ。

「強さ」というのは私にとって大事なキーワードなのですが、難しい。

ものの強度ということではなくて、必然性というか、それがそれでなければならない、それがそこになければならない感覚というか、言葉にするとそんな感じなのですが、それらは「意図」とは別の話で、出そうと思って出るものではない。いや、必然性を意図的に意識する(?)ことはあるのだけれど、そういうものではなくておのずとにじみ出てくる、どうしてもそこにある強さ、のようなもの??

そのようなものが軽野さんの作品にはあって、それは私が探している世界にとても近いのではないかと感じたのでした。

うーん、何度か書き直しているのですが言葉の羅列になりそうなので、あとは自分の中で。

展覧会であたたかな興奮状態になっていて、そのまま帰るのがもったいなかったので、偶然みつけた喫茶店(奈良たかばたけ「茶房ちゃいろ」)に寄ってみました。中国茶を頂いて、特製の杏仁豆腐が絶品で、私にしては珍しくお店の方とのおしゃべりに花が咲いて・・・。やっぱり興奮状態でしたね。で、最後は近鉄奈良に戻って中谷堂のよもぎ餅。大満足の一日でした。

 

昔よく履いていたサンポット(カンボジアの筒型スカート)を何とかサイズ直しして(勿論大きく(ToT))、今日は法事に行ってきます。

_20160520_150956